手元に能管が10本

今まで20本近く所有してきた能管。 出入りを重ねて、現在手元に10本。 どれも個性的で素晴らしい。 良く鳴るし、修理、調整が完璧だからいつでも吹ける。 その中でも半分は、いつでも本番で使える。 でも、本番はいつも同じ笛。 どうしてなのだろう。 本人にしかわからない微妙なこと。 聴き手にはほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取材を受けました。

http://youtu.be/hvY8HulfJHU 先日、(株)みやのめ(PR総合研究所)の佐藤勝美さんから連絡をいただきました。 「狩野さんの演奏とインタビューを撮影させてほしい」と。 インタビューの内容は、ぶっつけでお願いしますとのこと。 良くわからないままに、佐藤さんだから間違いはないだろうとお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が愛器~その1

狩野嘉宏が、コンサートで常時吹いている愛器を順に紹介する。 蘭情管 真笛 一笨調子 平成23年2月入手 所謂「虎斑(とらふ)」 ピッチが高く、アンサンブルには使えないのでしばらく吹いていなかったが、平成25年秋に作った「荒城の月」によって日の目を見る。 恐ろしいほどの可能性を秘め、一笨調子で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩野嘉宏、19年前の演奏の動画

19年前の演奏の動画を1件、14年前のを3件、YouTubeにUPしました。 笛は朗童管です。 今までのUPはすべて蘭情管でしたので、違いは感じられますでしょうか? まだ蘭情管を使う前のもの。 「星河」のCD制作前の演奏です。 五木村の子守唄 https://www.youtube.com/watch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金の立平管

昨年秋から、唄用の6笨調子は立平管を吹いている。 それは昨年秋に作った「凍星(いてぼし)」を吹くために始まった。 滑らかな旋律の中に、大甲の3,4,5が跳躍で出てくる。 完全に余分な力が抜けた状態でないと、旋律がつながらない。 無理なく出せなくては曲にならない。 吹き手の能力もさることながら、笛のポテンシャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先代朗童管がやって来た。

先代の朗童管を8本まとめて手に入れた。 値段は6桁超えで、狩野の懐には痛かったが、でも超リーズナブルな価格だと思う。 写真でもわかるかと思うが、4,5,7笨調子に割れが入っていた。 幸いなことに表面のみの割れで、中までは行っていないようだった。 音も出た。 早速、修理に出している。 今までにも先代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリアル2000番台なかほどのパウエル。 オールドと呼んでもいいものだろう。 千葉の相原さんでオーバーホールが完了した。 ん~~美しい。 相原さんには、ヘルムートやヘインズなどのオールドを何本もオーバーホールしていただいたが、非常に丁寧で誠実な仕事をしてくださる。 とても信頼している。 「魂を感じる音を奏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の中の庭園で

4月20日は、栃木市西方町の酒蔵「飯沼銘醸」でのコンサート。 雨の中、庭園で紅の蛇ノ目をさしてもらって・・・・ 絵になるでしょ。 気温は6度。 笛の音は、白い息に乗って樹樹の梢枝にこだまして・・・ 自然は素晴らしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第16回 横笛の会発表会 無事終了しました。

今年も発表会、無事終了しました。 皆さんの上達を、今年ほど感じた年はありませんでした。 一人ひとりの演奏を聴きながら、お稽古のときを思い出していました。 発表会が近づいた時期のお稽古は、カウンセリングといってもいいでしょう。 いかに本番の舞台で力を出せるかという暗示をかけるわけです。 気持ちよく吹けた生徒さんは、暗示に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘭情さんの能管

蘭情さんの能管を吹いている。 古管と比べても遜色のない鳴りと音の艶。 すごいクォリティーだ。 そしてなによりも吹いていて気持ちが良い。 いつまでも吹き続けていたい。 吹いていて辛い能管も多いが、蘭情さんの能管は気持ちが良い。 どうしてこんな能管が作れるのか不思議だ。 早く本番で使いたい。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

とうとう行き着くところまで来てしまった。

1ヶ月前、HMV163(英国製)を手に入れた。 蓄音機を初めて手に入れたのはもう10年以上前だ。 神田にある梅屋という蓄音機専門店でHMV102というポータブルのものを手に入れた。 この大きさにしてはびっくりするような良い音を聴かせてくれた。 だいぶ年月が経って、今年に入ってから、また蓄音機に興味が向いてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新CD発売開始しました。

以前からホームページ等でお知らせしてありました新しいCD「横笛とピアノが抒情歌をJazzのテイストでうたう」が遂に発売になりました。 思っていたよりジャケットの写真が暗めになってしまいましたが、音の方は問題ありません。 たくさんの方に聴いていただけることを願っています。 9月23日(日)13:00~に前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回 秋の笛まつり

第3回 秋の笛まつり、無事終了しました。 毎年パワーアップして、今回も大変充実した時間を過ごすことができました。 笛に始まり笛に終わった笛三昧の一日でした。 写真の、みなさんの笑顔がすべてです。 会を運営してくださった生徒の皆さん、本当にありがとうございました。
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

うどん茶屋でのプレコンサート

鹿沼市池ノ森のうどん茶屋「いちょう庵」でプレコンサートをしました。 何のプレかというと、7月14日(土)の「篠笛の調べ」~初夏に聴く涼やかな音~のプレコンサートです。 新聞各紙の催し物欄に載せていただいたので、佐野の方からも私の笛目当てに来てくださった方もいらっしゃいました。 本当にありがとうございます。 食べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横笛の調べ~七夕の宵~

7月7日(土)19:00~ 宇都宮市瓦谷町1096-1(栃木県教育センター東隣)の「カフェ・カラクで上記のコンサートを行います。 篠笛:狩野嘉宏/島田絵里 コーヒー、ケーキセット付き 3,000円。 定員35名です。 お問い合わせ・お申し込みは 狩野嘉宏か 「オフィスSi*no」 090-2218-18…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第15回 横笛の会発表会 終了しました。

もう15年にもなるんですね。 今年も発表会無事終了しました。 皆さんの成長を見るのが一番の幸せです。 自分ではちっとも上手くなっていないと思っている方も、大丈夫、ちゃんと成長しています。 今回のゲストは、鼓童の山口幹文さん。 皆さんの発表の後に、1時間ものコンサートをしてくださいました。 生徒さん、お客様…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「篠笛とピアノが抒情歌をJazzのテイストでうたう」無事終了しました

「篠笛とピアノが抒情歌をJazzのテイストでうたう」という表題のコンサート、無事終了しました。 福田重男君という素晴らしいピアニストを得て、夢が実現しました。 これで終了ではありません。 これがスタートです。 今後の展開を期待していてください。 もっともっと時間を作ってリハを重ねて、クオリティーを高めていき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お月見ざらい」~笛まつり~

「お月見ざらい」~笛まつり~9月11日、15:00~21:00 無事終了しました。 春の発表会とは違って、リラックスした雰囲気の中でのおさらい会ではありましたが、それでも自分の出番になると皆さん緊張されていましたね。 聴いている私も緊張してしまうくらい。 でも、笛ばかりでなく、歌ったり、踊ったりで、子どもの時のお楽し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

師匠 高橋安治先生

フルートの我が師匠、高橋安治先生です。 古書店で偶然見つけたコンサートのプログラムに、このお写真が載っていました。 昭和30年代の初めです。 お歳は40代でしょうか。 お若いです。 フルートは、ヘインズのレギュラーのようにも見えます。 私が習っていた昭和49年から55年頃にかけては金のメナートをお吹きになっていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第14回横笛の会発表会、無事終了しました。

東日本大震災のため延期になっていました「横笛の会」の発表会が、無事終了しました。 皆さん昨年から比べると、びっくりするような上達をされていました。 指導するものとして、これ以上の喜びはありません。 延期のため参加できなくなった方もいて、今回は19名でした。 県外の埼玉県、千葉県、新潟県から参加された方もいらっしゃいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more