横笛演奏家 狩野嘉宏の活動日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 先代朗童管がやって来た。

<<   作成日時 : 2014/12/31 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先代の朗童管を8本まとめて手に入れた。
値段は6桁超えで、狩野の懐には痛かったが、でも超リーズナブルな価格だと思う。

写真でもわかるかと思うが、4,5,7笨調子に割れが入っていた。
幸いなことに表面のみの割れで、中までは行っていないようだった。
音も出た。

早速、修理に出している。

画像


今までにも先代朗童管を所有しているが、今回のものはそれよりずっと古いもののようだ。
そして、よく吹き込んである。

その音色は、なんと言い表したらよいか・・・

普通に良い篠笛の音色が「砂糖」だとしたら、この朗童管は「蜂蜜」のようだ。
あるいは、木綿と絹の違いか。

もう、いつまでも吹き続けていたい。

早く、コンサートで吹きたい。

とりあえず、来月半ばのコンサートで吹く予定だ。


画像


作りも素晴らしい。
写真だけでもそれは伝わってくる。
思わずうっとりする。
楽器オタクとしては最高だ。

焼印とは別に、1本1本手彫りのサインが入っている。
この手彫りのサインは天地巻きには入っていない。

現朗童さんも、天地巻きより半重巻き、本重巻きとランクを上げているという。
作った中で良いものから本重巻き、半重巻きとしているようだ。

先代は、そのランクの高い「良い笛」に手彫りのサインを入れたのだろう。

その「銘器」が今、手元にある。
いつでも好きな時に思う存分吹けるのだ。

なんという幸せだろう。


最後の写真は、現在所有の先代朗童管すべて・・・

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先代朗童管がやって来た。 横笛演奏家 狩野嘉宏の活動日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる