横笛演奏家 狩野嘉宏の活動日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「法橋」の能管

<<   作成日時 : 2011/02/20 12:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

昨年7月に手に入れ、鈴木幸子さんに修理にだしていたボロボロの能管が7ヶ月かかって戻ってきた。
手に入れたときは気が付かなかったのだが、綺麗に修理が上がって戻ってきた能管を吹きながらふと気がつくと蝉の脇に何か彫ってある。
擦れて薄くなっているところがあって最初よくわからなかったが、つくずく眺めるとなんと「法橋」と書いてあるではないか。
江戸時代の銘笛である。
「法橋」は音が堅くて吹きにくいと言われているが、はたしてこの笛も音は堅く、けして吹きやすい笛ではない。
しかし音色は素晴らしい。
ポテンシャルの高い笛だということは充分感じる。

画像


画像


画像


手に入れたときはこんなにボロボロの状態で、音も出なかった。
しかし、いかにも時代のかかった風格のある笛である。
長い間吹き込まれてきたのであろう。

画像


画像


画像


画像


画像


それがこんな美しい姿になって戻ってきた。
鈴木幸子さんの笛師としての力はすごいの一語につきる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですね!羨ましい!
笛好き
2012/08/08 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
「法橋」の能管 横笛演奏家 狩野嘉宏の活動日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる